iTSS トップへ コーナーのページ

理窓技術士会
産学連携の軸として
理窓技術士会と理窓知的財産クラブは車の両輪
作品の解説
 東京理科大学は、“理学の普及を以て国運発展の基礎とする”との理念を掲げた青年理学士により設立された。爾来、学窓を巣立った卒業生各位は、様々な専門能力を生かして母校の発展・国の反映に資するように活動を続けております。理窓技術士会は産学連携を視野に入れて会員の科学技術の交流と親睦を図り我が国の科学技術及び産業の向上並びに東京理科大学、加えて理窓会の発展に寄与することを目的とする。
平成20年度活動計画
講演会・技術懇話会
  話題性のあるトピックス,専門性のある技術話(はなし)を持ち寄り,懇話会を継続する。名称は,技術懇話会。
開催日:毎月第4土曜日午後4時〜。  場所:理窓会館。
学生及び卒業生に対する職業教育,技術士資格取得支援
  東京理科大学(神楽坂,野田,久喜,長万部),山口東京理科大学,諏訪東京理科大学と連携して職業教育,技術士資格取得を支援するため,理窓技術士会会員より講師を派遣する。平成19年度は,山口東京理科大学と連携してJABEE学生支援計画がある。
技術移転(含共同研究)の可能性をコーディネーション
  企業と大学研究室との間に入り,双方からの学際的なメリット&課題を抽出し,技術移転(含共同研究)の可能性をコーディネートする。
理窓技術士会独自ホームページ(HP)の本格運用&メンテナンス
 

HPの運用にリンクして,会員専用のメーリング・リストの立ち上げ。

 5  プロジェクト活動
 
具体的なプロジェクトを発掘して協力メンバーを募る。
   
* 詳細については理窓技術士会ホームページを参照下さい。  

 

理窓技術士会ホームページ