iTSS トップへ

 

出版コーナー

この1冊
身障者も健常者も励まされる本!
ここには、絶望の淵から立ち上がり、底抜けに明るく、元気で、希望を捨てない人たちの「真実のドラマ」がある。
「乙武洋匡さんもスバラしいが、この人達もスバラしい。」「改めて、ものの見方、考え方の大切さを教えられた。」「《人生は今から》と思う心、常に《生きがいを求める》積極的な人生のあり方に感動した。」
(この本の帯より引用)
作品の解説
おすすめしたいこの1冊
 まずは、7人の著者の書き出しの部分です。あとは実際の本書でお楽しみ下さい。
先のことはわからない、だから面白い   川島 昭恵(かわしま あきえ)
   人生はよく航路に例えられるが、まさにその通りだと思う。一つの身体に一つの魂が宿り、その時から人生という海原に船出する。許された命の尽きるときまで、その目的地も道筋も一切知らされず、気付いたらもう引き返せないところまで来ている。しかも誰あろう自分自身が船長なのだ。
走る亜沙子−−生きがいを求めて!   茉本 亜沙子(まつもと あさこ)
   私は全介助を受けている。その私がワープロからパソコンに変えたのは、1997年だった。ワープロの下積みがあったから、キーボードの文字の配列には戸惑わずに文字の入力ができたけれども、パソコンスクールに通ったわけでも、パソコンの入門書を首っ引きにしたわけでもない私が、いきなり辞書や百科事典が読めるようにしてもらっても、パソコンの機能が理解できるわけがない。頭はパニック、パソコンは故障続き・・・。

希望を捨てない俺−−文学賞を取った   小野 寿弥(おの としや)

   「人間て不思議なんだよなあ」と俺はつくづく考えてしまう。トレーラー好きだった俺はトラック運転手になれて幸福の中にいたら、積み荷の点検中、突然崩れてきた古紙(積み荷)に押しつぶされた。手足が動かず(左手がかすかに動く)、声も出なくなった。全身不随、車椅子不可欠の生活になってしまったが、希望を捨てない俺は18年間もトラック雑誌の購読を続けている。
今が幸せ!−−三者三様   大野 彩子(おおの あやこ)
   これから登場する、本城 寿三郎さん、田中 紀子さん、醍醐 利晴さんの三人は、病名こそ違うが、いずれも30代、40代の働き盛りに脳内の血管が切れ、病院に運ばれた人たちである。そして身障者となるが、手術後の賢明なリハビリを経て、絶望の淵から這い上がった人たちでもある。さらに、いまだ障害の重い三人の口からは、驚くようなセリフが飛び出してくる。
起きあがりこぼしのポンコツ人生   増田 登美江(ますだ とみえ)
   中学3年の朝、それはいきなりやってきた。目が覚め布団をめくり、立ち上がった瞬間、強い痛みが足の指をおそったのだ。私はやっとの思いで階段を降り1階へ着いた。顔をしかめながら、足の指を上げ、踵でよたよたと歩き、洗面をすませセーラー服に着替えた。急がないと学校に遅れてしまう。そうこうしている間に、さっきまで痛くて歩くのがやっとだった足の指が痛くない。「歩きすぎたのかも」、その時は簡単に考えていた。
障害者になったことで離婚とは!   辻 高史(つじ たかし)
 
 ひとりぼっちで戦った最高裁
 私は不自由な足を引き摺りながら、東京地検特捜部を後にした。検察庁の門を出ると幅広い道路を隔てて日比谷公園がある。その公園の脇を新橋方面より有楽町に向けて、若い夫婦が、2,3歳くらいの女の子を間に挟み、その子の手を互いに取り合い「ブランコ」のようにして歩いている。公園内の木々は青々と繁り、普通であったら緑を見て安らぎを覚えるのに、私には「ため息」となった。
人生劇場、今序幕   山本 祐司(やまもと ゆうじ)
   暗い夜空に星が三つ飛んできた。意識が戻る前兆だった。気がつくと私は暗い部屋で1人で寝ていた。私はスッキリしない重い頭で懸命に考えようとしていた。1人の紳士が現れて「君は5年間も意識不明で寝ていたのだぞ」とささやくと、ふっと消えた。「失神」と「夢」を繰り返しながらまったく久しぶりに私は目を覚ました。「あら」と若い看護婦が驚いて声を上げた。音声は聞こえるのだが、相手が話す言葉の意味が分からない。
 
この本のお問い合わせは下記へどうぞ
編著者紹介 山本 祐司(やまもと ゆうじ)
1936年 山口県萩市生まれ
早稲田大学法学部卒業。毎日新聞社入社、事件記者一筋。社会部長の時、脳溢血で倒れる。非常に珍しい純粋語聾(音は聞こえるが言葉の意味が分からない)でもあり、身体障害者1級。車椅子。日本記者クラブ賞受賞。著書に「最高裁物語」「特捜検察物語」など。「ルパン文芸」代表。

-------------------------------------------------

面白きこともなき世を面白く
−立ち上がった身障者たち−
-------------------------------------------------
2000(平成12)年12月14日 第1版発行  定価:1,890円(税込)
編著者
山本 祐司
発行者
森田 忠男
発行所
株式会社 ふこく出版
東京都八王子市万町34-1(〒192-0903)
電話 0426-22-6315 FAX 0426-22-6690
E-mail tadao-m@mwb.biglobe.ne.jp
発売元
株式会社 星雲社
東京都文京区大塚3-21-10(〒112-0012)
電話 03-3947-1021 FAX 03-3947-1617
印刷所
三省堂印刷株式会社
-------------------------------------------------
YUUJI YAMAMOTO,2000,Printed in Japan
*定価はカバーに表示してあります。
*乱丁・落丁本はご面倒ですが、発行所宛にご送付ください。
送料は当社負担でお取り替え致します。
ISBN-4−7952−8269−2 C0036