iTSS トップへ トピックス

伯 方 会

伯方会の紹介
  風光明媚な瀬戸内海の伯方島(伯方町)に生まれ育ち、それぞれの大志を抱いて関東地区に集い、親睦・交流は勿論、やはり郷里の思い出・望郷の念にかられてのこと、今後ともお互いの交流を大切に「伯方会」を盛り上げていきたいものです。(前会長村上久司氏の遺された言葉です)
  2009年2月に、故郷今治市に大三島町出身の菅良二市長が誕生して今年はU期6年目を迎えます。過去5年の間、今治市は島嶼部を中心に大きく発展しました。その大きな役割は「しまなみ海道」でしょう。昨年(2014年)、しまなみ海道を自転車で走る(ツーリング)“瀬戸内しまの輪2014”は全国から自転車ファンが集まり、菅市長も自ら自転車を漕いで市民と一緒になって汗を流した楽しいイベントでした。伯方会では3年に一度「総会&懇親会」を開いて、菅市長の掲げる「愛郷無限」の気持を分かち合っています。
  昨年(2014年)は3年目の年にあたり、11月16日(日)に「総会&懇親会」を開催しました。3年後の2017年にはまたみんなで集まりましょう。
(2015.01.05 渡邊一郎)

伯方会総会・懇親会でご挨拶をする今治市役所伯方支所長渡辺範之氏
作品の解説

  2014年11月16日(日)、故郷・伯方町出身者の集いである「伯方会」は、第4回「伯方会総会・懇親会」を開催しました。
総会・懇親会には、今治市役所伯方支所長渡辺範之氏、愛媛県東京事務所産業振興部副課長曽我部剛隆氏のご臨席を仰ぎ、東京・千代田区ホテルメトロポリタンエドモンドにて盛大に行われました。
 懇親会に先立ち総会が開かれ、3年に一度の役員交代があり、新しく村上洋氏が役員として選任されました。

懇親会風景(その1) 懇親会風景(その2)
懇親会風景(その3) 懇親会風景(その4)
1 「伯方会」の目的
 伯方会 会則(97年8月25日制定 )によると、“関東地域に居住する伯方島と縁のある者で構成し、会員相互の親睦を図ることを目的とする。 ”
2 「伯方会トピックス」
 
 ●第4回「総会・懇親会」の開催報告
 平成26年11月16日(日)、第4回伯方会総会&懇親会が開催されました。今回は、菅良二今治市長は今治市の行事(瀬戸内しまの輪2014)とぶつかり出席が叶いませんでしたが、今治市伯方支所長渡辺範之氏の出席を賜り盛大に開催することができました。この日、渡辺支所長は、しまなみ海道の新しい歌“あの橋を渡って”を持ってきて下さいました。トワエモアの澄んだ音色が美しく、出席した皆さんから好評を博しました。さらに、“海風に包まれた町・伯方町”の紹介ビデオ(DVD)も皆さんに喜ばれました。出席人数は3年前よりやや少なかった(40名)が、楽しい総会・懇親会になりました。

□ 日 時:平成26年11月16日(日)午前11時30分〜午後2時
        (受付11時 開始)
□ 場 所:ホテルメトロポリタンエドモント (JR飯田橋駅より徒歩5分)

 
3 「伯方会」小史
 昭和20年代初期の頃に伯方島から関東に“上陸”した先輩がその礎を築き、爾来50余年の歴史を持つ「伯方会」、紆余曲折はありましたが、現在もしっかりとその精神は引き継がれております。
 平成17年10月16日、伯方会は関東伯方高等学校同窓会と合併し、330名会員の新生・伯方会として再スタートした。
  その後3年が経ち、平成20年10月12日(日)、合併後の第2回“伯方会総会&懇親会”を千代田区飯田橋のホテルメトロポリタンエドモンドにて開催し、さらに3年後の平成23年11月6日に第3回“伯方会総会&懇親会”を千代田区飯田橋のホテルメトロポリタンエドモンドにて開催しました。そして3年後の昨年(平成26年11月16日)、第4回“伯方会総会&懇親会”を3年前と同じくホテルメトロポリタンエドモンドにて開催しました。
時  期 総会・懇親会・会報発行 
   
平成27年01月01日 会報「伯方」第8号を発行。
平成26年11月16日 東京・千代田区飯田橋 ホテルメトロポリタンエドモントにて第4回総会&懇親会の開催。
平成24年01月01日 会報「伯方」第7号を発行。
平成23年11月6日 東京・千代田区飯田橋 ホテルメトロポリタンエドモントにて第3回総会&懇親会の開催。
平成23年10月1日 会報「伯方」第6号を発行。
平成23年01月1日 会報「伯方」第5号を発行。
平成21年10月1日 会報「伯方」第4号を発行。
平成20年10月12日 東京・千代田区飯田橋 ホテルメトロポリタンエドモントにて第2回総会&懇親会を開催。
平成20年9月16日 会報「伯方」第3号を発行。
平成20年1月1日 会報「伯方」第2号を発行。
平成17年10月16日 東京・新宿厚生年金会館にて“臨時”合併総会開催。
会員330名の新生「伯方会」が誕生した。
平成15年11月16日 四谷『スクワール麹町・華の間』にて開催。
平成12年10月1日 会報「伯方」創刊号(第1号)を発行。
平成9年7月6日 四谷『スクワール麹町』にて開催。
平成6年2月6日 日本橋三越『不二の間』にて開催。
平成3年10月20日 大手町『ビアレストラン・オーシャン』にて、会の名称を「伯方会」に改める。3年に一度の開催を決める。
昭和63年5月22日 東京駅『東京ステーションホテル』
昭和59年5月3日 東京上野『池之端文化センター』にて「伯友会」を開催。20年ぶりに復活。
昭和39年10月 「伯友会」を浜松町『牡丹』にて開催。
昭和30年6月26日

「木浦会」から「伯友会」へ
小石川後楽園「カン徳亭」にて懇親会を開催。

   
右の写真は、昭和33年5月頃二子玉川園にて(田窪吉彦氏提供)
左の写真は、昭和35年頃の木浦港
(伯方町在住 山本征治氏提供)
右の写真は、愛媛県立伯方高等学校創立50周年記念式典風景
(平成10年10月3日)
   
4 会報「伯方」
 

2017年1月には第9号を発行予定。
2015年1月には第8号を発行しました。
2014年1月には第7号を発行しました。
2011年10月には第6号を発行しました。
2011年1月には第5号を発行しました。
2009年9月には第4号を発行しました。
同9月16日には第3号を発行しました。
2008年1月には第2号を発行しました。
  伯方会では、不定期ですが 会報を発行しています。2000年10月に創刊号を発行しました。

第8号
第7号
第6号
第5号
第4号
   
5 活動方針
計画 活動方針
年間計画
年1回の会報発行。会員の情報交換の場として活用する。
総会の開催
3年に1回開催し、役員改選を行う。ただし、重要案件あれば、時機に応じて幹事会で審議しその処置を決める。(伯方会会則第12条)
会員名簿の発行
3年に1回で改訂する。総会時に最新情報を収集し1〜2ヶ月後に発行する。
催物情報
故郷伯方町と連携して“ふるさと物産展”等の開催を企画する。
   
 
 
6 “はかた”写真集
 このページは、“はかた思い出のページ”とします。皆さんの思い出の写真を送って下さい。定期的に写真を入れ替えて皆さんに楽しんでいただきたいと思います。
   
【関東・東北大震災被災地訪問報告】
 平成23年3月11日に発生した関東・東北地方の太平洋岸を襲った巨大地震の津波による傷跡は大きく、未だ復興にはほど遠い。現地では避難生活を余儀なくされている方々が多くいる。東京八王子市のボランティアメンバー(今回6名)は、少しでも役立ちたいとの思いで宮城県石巻市女川町の比較的小規模の避難所を7月9日〜11日(2泊3日)で訪問してきた。魚の町・石巻は全滅で、現地ではガレキがまだあちこちで残っており、石巻漁港の再興の目処は全く立っていない。以下その一部を写真でご報告します。(2011年8月8日 渡邊一郎)
メチャメチャに壊れた石巻の海岸 津波で壊された石巻漁港のビル
石巻漁港の壊された住宅
いまだにガレキが散乱している
 
【ふるさと報告】

 右の写真は、2011年3月、古希の会に出席するため伯方町(伊方枝越)に帰省した時に2人の甥・姪達と愛犬ルルを連れて散歩した時のスナップです。
女の姪の方はルルが飛びついても平気だったが、男の甥の方は少々怖がっていた。やっぱり女の子は強かった。
(平成23年3月)

 左の写真は、2009年初夏、伯方町(伊方枝越)に帰省した時にちょうど咲いていた「みかんの花」に混じって咲いていた“ネーブルの花”です。みかんの木との違いは、ネーブルは、葉っぱの幅が少し細身です。(平成21年5月)
 右の写真は、2008年夏、中村さん(伯方会副会長)が北浦沖でつり上げた“ぎざみ(べら)”です。(平成20年8月)
左の写真は、ふるさと伯方町枝越に帰省した夏に撮った1枚です。
(平成18年8月 渡邊 一郎)
右の写真は、今治方面から「しまなみ海道」入り口(平成12年 年8月「しまなみ海道」取材の旅より。)
左の写真は、伯方島から大島方面にかかる「伯方橋」の起点(平成12年8月「しまなみ海道」取材の旅より。)
右の写真は、「伯方大島大橋」
(平成12年8月『しまなみ海道』取材の旅より。)
左の写真は、「大島・亀老山展望台より『来島海峡大橋』を望む」
(平成12年8月撮影。)
右の写真は、「上空ヘリコプターから気の浦港を望む。マリンブルーの海がきれいだ。 (平成12年8月 旧伯方町役場より提供を受ける。)

左の写真は、「伯方港・木浦展望台より湾内を望む。よく凪いだ快晴の夏の午後の海だ。 (平成16年8月 木浦展望台より。)

   

 

 
TOPページへ戻る