iTSS トップへ 学習コーナーのページ

IT(デジタル)デバイドを克服しよう
今さら人に聞けないデジタルの疑問
IPネットワークのテクニカルサポートをベースにしてITが苦手な人も楽しく学べるデジタルデバイド克服サイトです。
パソコンに向かってかれこれ5年は過ぎた。ワープロは何とか打てるようになった。しかしパソコンの本質はまだ十分にはわかっていない。その証拠にパソコンなんて簡単だと自負するベテランでも、まだまだ難しいと思っている初心者の方でも、パソコンを使っていると「何でだろう」「この言葉の意味は何だ?」「どうすりゃいいんだ」・・・等々。様々な疑問や謎に直面して右往左往した経験をお持ちでしょう。 しかし、今さら人には聞けない・・・困ったなあー。
さらに、最近やたらアルファベットの省略語が目に付く。新語辞典で調べるには手元にはないしおっくうだ、と思われる御仁。このコーナーにあったら“やったー”と思ってください。

このコーナーはそのような方々が気軽にお話や相談ができるサイトを目指します。問題を解決した人、問題解決できないで悩んでいる人、そしてもちろん初心者の方も是非立ち寄って遊んで行ってください。


 
質問&お答えコーナー
部門 質問 答え
パソコン本体
入門編

フォーマットとは何をしている? 辞書を引いてみると、《電算》の項では、データをあるフォーマット(書式、形式)に配列する、〈ディスク〉を初期化する・・・等と記述している。あるパソコン雑誌には、データをFDやHDDなどの記録装置に記録する場合、記録領域内でデータを記録する位置やファイル名などを管理する必要があります。この管理方法に応じて管理用の記録領域を作成することと記述されています。
パソコン本体
応用編
Pentium4とCeleronの違いは? 現在のCeleronは、デスクトップ用で1.7GHz以上、ノート用で1.4GHz以上の動作周波数のものは、Pentium4と同じ内部構造です。両者の違いは、2次キャッシュ容量とFSBの速度です。2次キャッシュはCPU内で、データを蓄えておくためのメモリーで、一般的に容量が大きいほど性能がよくなります。
ソフト・OS OSとアプリケーションの違いは? WindowsなどのOSも、Excelなどのアプリケーション(アプリ)もソフトウェアという点では同じです。 しかし両者の役割は異なります。極端な例として、OSなしでパソコンのアプリを作るとどうなるであろうか。 プログラマーはアプリ本来の機能以外に、様々なハードウェア(グラフィックコントローラー、キーボード、マウス、HDD、プリンター等)を操作するプログラムを作る必要があります。しかもワープロソフト、表計算ソフト、メールソフトなど、アプリごとにハードウェアを操作するプログラムを作らなければならない。
OSはアプリが、各種ハードを簡単に使えるような仕組み(サービス)を提供しているのです。
WindowsXPのHomeとProの違いは何? ProもHomeもOSとしての基本機能は同じです。
つまり、システムの安定性や動作するアプリケーションに差はありません。ProとHomeの違いは単純には機能差であり、その名が示しているとおり、「Pro(プロ)」の機能の多くは企業での利用を想定しているのに対して、「Home(ホーム)」は、自宅で個人ユーザーがインターネットに接続したり、オフィスソフトを活用することを想定しています。
WinXP Proは、WinXP Homeよりどこが優れているのですか? A-1:WinXP Proは,ネットワーク管理性が優れているのです。 
例えば、Windowsネットワーク(ドメイン)が存在するイントラネットではWinXP Proを利用することになります。
WindowsNT/2000をインストールしたサーバーマシーンでファイルやプリンターを共有している場合は 、WinXP Proを使用した方がよいでしょう。WinXP Homeではドメインと呼ぶマイクロソフトが提供するネットワーク管理の仕組みが利用できないからです。
SOHOなど自宅を仕事場としていて、Windows2000サーバーが存在する環境では、WinXP HomeではなくWinXP Proの方をお勧めします。
A-2:ファイルアクセス制御が大きく違います。
WinXP ProとWinXP Home で違いが大きいのが、ファイルやフォルダのアクセス制御です。WinXP Proなら、ファイル単位でアクセス制御が可能です。
例えば、共有ネットワーク上でファイルAはチームの全員が見えるように、ファイルBは○○さんにだけ、ファイルCは△△さんには見えないように、それ以外の人には見ることだけはできるようにする・・・等々、と言ったようにWinXP Proにはファイル毎に自由に設定ができる機能があります。

インターネット HTTPって何なんですか? Hiper Text Transfer Protocol:ハイパーテキストを転送するために作られたTCP/IPの上位プロトコルです。
インターネットを利用して、情報を送受信するための方式で、HTML文書や、それに伴う画像・音声などを送るのに使われる通信方式です。ブラウザー(Internet ExplorerやNetscape等)でWebページを表示するための取り決めです。
周辺機器 何倍速って何が基準? CD-ROMやDVD-ROMドライブを始め、光学ドライブの多くには、読み書きのデータ転送速度を表す単位として「○倍速」という表記が使われています。この速度は、CDは、音楽CDプレーヤー(約150kB/秒)を、DVDはDVD-Videoプレーヤー(約1,350kB/秒)の再生速度を基準にしています。 例えば、36倍速のCD-Rと4倍速のDVD-Rとではどちらの転送速度が速いのであろうか。
この場合、CD-Rだと150kB×36=5,400kB、DVD-Rだと1,350kB×4=5,400kBで、1秒間当たりでは同じ速度であることがわかります。
映像音声 VODってなに? Video On Demand。視聴者が好きなときに見たい番組をリクエストできるという動画配信システムである。双方向テレビサービスの1つ。広帯域で高速な伝送路の整備と、音声や映像などの膨大なソフトウェアの蓄積が前提となるが、次世代メディアとしてオンラインショッピングやホームバンキング、教育などでの利用が期待されている。
ケーブルテレビの発達しているアメリカでは、いくつかのチャンネルを使用して、時間差で同じ映画を放映することにより、ビデオ・オン・デマンドに近い状況を実現している。これを、NVOD(Near Video On Demand)と呼ぶ。
通信ネットワーク ネット家電とはどんな仕組みですか? ネットワークに接続し、インターネットを通じて情報を取り込んだり、遠隔地から操作したりできる家電。洗濯機やエアコン、冷蔵庫など白物家電にネットワーク機能を持たせる仕組みである。冷蔵庫の“在庫”をパソコンなどで管理し、足りなくなったらネット通販で注文すると言った利用や、帰宅途中に携帯電話で家庭内のエアコンを操作するなど様々な利用が想定されている。
電線ネットとはどんな仕組みですか? 家庭の電源コンセントにパソコンや家電のプラグをつなぐだけで高速インターネットに接続できる「電力線利用の通信」のこと。「電力線通信」は家庭内に敷設済みの電力線を通信回線に利用するため、大がかりな配線工事が不要なため、エアコンや冷蔵庫などを遠隔操作するネット家電が利用しやすくなり普及に弾みがつくと言う。
総務省は2006年にも解禁する検討に入る。当面は屋内の配線にとどまるが、将来は全国の電線網にまで利用を認める公算があり、光ファイバと並ぶ通信手段として通信業界の競争を促し、料金引き下げなどの効果も見込まれる。電力線でデータを送る技術は既に確立し、スペインなどでは実用済み。日本でも、いよいよ始まろうとしている。(04-12-21日経)
松下電器産業とソニー、三菱電機の3社は1月6日、家庭内のコンセントに家電やパソコンをつなぐだけで高速通信が可能な「電力線通信」の仕様を策定する新団体を設立すると発表した。3社が仕様を策定、共通化しようとしているのは2M〜30MHzの高周波帯域を使った電力線通信である。光ファイバやADSLを上回る200Mbpsの高速通信が可能となると言う。(05-1-7日経)
家庭用光ファイバ回線

銅製の電話線の代わりに、光ファイバで音声や画像をやりとりする。家庭用インターネット接続サービスの最高速度は100Mbps程度で、従来の電話線を使うADSL(非対称ディジタル加入者線)のほぼ2倍。今後のブロードバンド(高速大容量)通信の主流になるとみられている。NTTなど大手通信会社の場合、電話局間など中継用の光回線は既に整備が進んでいる。ただ、電柱などを利用してそれぞれの家庭まで光ファイバを延ばすのにコストと時間がかかるという課題を抱える。 (05-4-14日経)

人体通信 人の体に電気信号を流して通信をする技術。90年代半ばに米国でアイディアが生まれた。IBMやマサチューセッツ工科大学が、身につけて使う「ウエアラブルコンピューター」の情報伝達手段として開発を始めた。腰に付けたコンピューターからゴーグル型のディスプレイに画像を送るといった具合だ。現在は、「さわる」「握る」「踏む」など人間の自然な動作をそのまま通信に使う技術として注目されている。端末を操作する必要がなく、コンピュータを使っていると意識することなく様々なサービスを利用できる。(05-4-17日経)
   
   
メディア情報 PSPってなに? プレイステーション・ポータブル。ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が発売した携帯型ゲーム機。
PS2の姉妹機として人気を呼んでいる。12月12日の発売開始前に約1,200人が列をなしたビッグカメラ池袋本店(東京都豊島区)には翌13日もPSP目当ての客が数多く訪れた。在庫がないと説明すると、「他店もはしごしているのか、ほとんどの客が納得して帰る」という。ヨドバシカメラも、「説明して納得してもらっている」という。
SCEは、増産を検討しているが、年内50万台の当初の出荷予定は生産を最大に見積もった数字のため、今年度内に発売予定の欧米向けの一部を国内に振り向けることも検討課題になりそうだ。(04-12-14読売)
トレーサビリティ 生産から流通を経て販売に至るまでの過程の追跡可能性のこと。trace(追跡)とability(可能性)を組み合わせた言葉。特に肉や野菜と言った生鮮食品やそれらを原料とする加工食品を扱う業者が、生産や販売に関する情報を開示して、小売店や消費者が川下からそれらの情報をさかのぼってたどれる仕組みを指す。BSE(牛海綿状脳症)などの感染症や異物混入、食中毒などの食品事故に際して、発生源や流通ルートを特定し、製品回収や消費者への情報伝達を迅速に行えるメリットがある。
TOB Take Over Bid。株式公開買付制度。主に経営権を支配するために株式の買い取り希望者が、買付期間、株数、価格を公表して不特定多数の株主から買い取る方式である。
ポートフォリオ portfolio。多種類の銘柄や金融商品、不動産などを組み合わせた運用資産のこと。機関投資家などが活用する投資手法で、性格の異なる資産に幅広く分散投資することで、期待リターンをあまり変化させずに価格変動リスクを押さえる効果があるとされる。
コンプライアンス compliance。法令遵守。法律や社会的な常識、通念を厳密に守ること。一般的には民間企業の監督官庁に対する憎賄や反社会的な勢力との接触を禁止することを指す。